上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラムちゃんは今回で3回目の歯みがきレッスンです。


ここまでじっくり、歯ブラシに対しての安心・安全の意識を伝えてきました。


3回目ともなると・・・

IMG_1380ラム

歯ブラシへの抵抗はほとんどなく、あとはどれだけしっかり磨けるかが次のステップとなります。


チワワの中でもかなり小さなラムちゃんの口や歯は極めて小さく、歯ブラシを奥歯に入れることは相当難しい!



が、しかし!



今日は頑張ってくれました!! 


口の奥にブラシが入れられるという、犬にとってはあまり楽しくない練習ですが、少しずつその練習に価値を持たせ、クラス終盤には奥歯も磨けるようになりました!

IMG_1382ラム

今後は、口の中にブラシを入れるだけではなく、ゆっくり、そして本当に少しでいいので「歯を磨いている」と意識しながら日々のケアに取り組んでいただければと思います。


歯みがき練習は、誰かとその上達速度や程度を競ったり、比べたりするものではありませんので、ラムちゃんとコミュニケーションをとりながら、長く続けることが大切になってきます。


最後は人間側の意識の高さと根気勝負ですが、自分の歯を磨くのと同じくらい愛犬の歯を磨くことが習慣になれば、それほど億劫に感じないはずです。


現在2歳のラムちゃん。


今のうちからオーラルケアを一緒に頑張っていきましょう!


この度はご参加いただき大変ありがとうございました!!




スポンサーサイト
ここ数日暖かいですね~



そんな絶好のトレーニング日和の本日、ワンポイントトレーニングに来て下さったのが、4歳になるダックスフントの“サクラ"ちゃん。



同居の猫に対して興奮して、吠えが止まらないということで今回来て下さいました。



同居猫のモモちゃんはまだまだ若く、動きも活発なので、今回のトレーニングでは病院猫の“センチャ”に登場してもらいました。


センチャは極めてリアクションが少なく、リアクティブな犬にとっては自分の行動に集中しやすく、新しい習慣を身につけやすいという考えのもと、今回のトレーニングに協力してくれました。

IMG_0908sakura.jpg
          
    IMG_0909sakura.jpg

犬や人間、猫、物音などの刺激に対するストレスを自分自身でコントロールできるかどうかがポイントです。


口を押さえたり、リードを引っ張ったり強制的に行動を抑制しても、自分で考え判断した行動ではないのでそれが継続することはありません。


ということで、特に言葉を使わず、とにかくサクラちゃんの行動を尊重し、良い“無視”ができたところを褒めていく作業を繰り返しました。


IMG_0904sakura.jpg
サクラちゃん、とてもいいカーミングシグナルです。自分のスペースに入ってくるセンチャに興奮することもなく、素晴らしい意思表示ができています。これも褒めるべきポイント!


状況によりますが、あえてリードを緩めることも重要ポイントです。

リードが引っ張られた状況では、上記のカーミングシグナルのようなサインもだせないので、対象への意識と興奮がどんどん高まりこちらのメッセージが届かなくなります。


トレーニングを重ね、近い距離でも落ち着いた状態を保てるようならリードを緩め、コンタクトをさせるというチャレンジも必要です。


サクラちゃんにとってはもうちょっと先の話かな・・・


病院猫センチャとは、多少のストレスは感じていたものの、とても上手にコントロールし、落ち着いた距離を保っていたサクラちゃん。
       
      IMG_0912sakura.jpg

若く活発なモモちゃん相手に近すぎると、まだまだ興奮を抑えきれない様子でしたが、それでもトレーニングの初めと終わりでは、興奮状態から落ち着くまで(無視するまで)の時間が格段に短くなっていました!


20分のワンポイントトレーニングでしたが、この短い中で、それも一回目のトレーニングでこれだけの行動変化があるのは素晴らしい進歩です。



今後も是非、お互いのスペースを尊重しあうトレーニングを続けていただきたいと思います。


本日はお忙しい中お越し下さいまして大変ありがとうございました!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。