上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、毎月恒例のパピーパーティーが開催され、3頭ワンちゃん達が参加してくれました!


どのワンちゃんもとても良い行動の変化が見られ、私自身が楽しくなってしまいあまり写真を撮らず、心のアルバムに収めてしまいました。本当にすみません。


それでは今回参加してくれた3頭をご紹介!!

IMG_1727pp120624.jpg
キャバリアの“ミルク”ちゃん。

ちょっと緊張気味でしたが、少しずつ環境や他のワンちゃんとのコミュニケーションに慣れが見られていました。

そのちょっとが、実は大きな成長です!


IMG_1728pp120624.jpg
ビークルの“メロウ”ちゃん。

パーティー開始直後は興奮で少し落ち着かない様子でしたが、後半は写真のようにフセをするほどにリラックス。

子犬で、かつパピーパーティーでフセをするワンちゃんはなかなかいません。

飼い主さんは一言も“フセ”など言っていないのですが、ちゃんと伝わったようです(^-^)



IMG_1729pp120624.jpg
そして、柴犬の“ポム”ちゃん。

触られることに敏感な子が多い柴犬ですが、ハンドリングでもすぐその安全性を知るやいなやチョコンとお座り状態に。

頭の回転が速いポムちゃん。良い行動もあんまり良くない行動も覚えやすい時期です。

一つ一つ良い経験を重ねてもらいたいと思います。




社会化がテーマのパピーパーティー。

写真はありませんが、嗅覚を使った遊びや、いろんな探検など、社会化はまさに遊び・ゲームです。

3頭とも元気にゲームに楽しんでいました。

ゲームを通して良いストレスを楽しく経験してもらいたいと思います。


パピーパーティー大変お疲れさまでした!!







スポンサーサイト
先週日曜日にパピーパーティーが開催され、3頭のワンちゃんが集まってくれました!

IMG_0920pp122.jpg
M・ダックスフントで、兄弟の“風太”ちゃんと“ちゃちゃ”ちゃん。

久しぶりの再会で興奮!


          IMG_0920pp122 (6)
              そして、3ヶ月のチワワ、“トノ”ちゃん! 
                近い将来大名になる予定です!!


      お馴染みのダンボールトンネル!
IMG_0920pp122 (3)

はじめは不安そうでしたが、一度自信がつけば、そこは最高の遊び場です(^-^)

            IMG_0920pp122 (4)
      この短い時間の中でもメンタル面の変化が見て取れます。



そして今回はトリミングで実際に使っているテーブルを設置。
IMG_0920pp122 (1)

足のパッドからはたくさんの情報が入ってきます。

社会化の時期にできるだけ多様な地面を、ポジティブに経験させてあげることは今後の楽しい生活のキーポイント。

自らトリミングのテーブルに上がるくらい自信が持てれば、実際のトリミングでのストレス軽減の一助となるはずです。


IMG_0920pp122 (2) 
 トリミング道具があっても怖くない!



そして、今回のパーティーにもゲスト参加してくれた病院猫の“せんちゃ”。
IMG_0920pp122 (5)

緊張しながらも、傘の下でトノちゃんとコミュニケーションしている姿が印象的でした。

初めての猫との交流ということで、風太ちゃんとちゃちゃちゃんにとっては少し不安な様子が見られましたが、その後、抱っこしたせんちゃを前に落ち着いていられるようちょっとだけトレーニング。


不安を克服できる(=興奮しすぎない)よう教えてあげることはこれからの生活には必要不可欠。


今回だけでは、全く興奮しないよう伝えるには少々時間が足りませんでしたが、経験しているのといないのでは大きな差があります。


猫だけでなく、できるだけ多くの物や音、人との社会化を頑張っていただきたいと思います!


この度はお忙しい中お集まりいただき、大変ありがとうございました!



今後また、パピークラスでお会いできることを楽しみにしております(^-^)




2012年初めてのパピーパーティーが昨日行われ、4頭のワンちゃんが参加してくれました!

IMG_0634pp12129 (10) IMG_0634pp12129 (11)
      “リオン”ちゃん!           “ボンド”ちゃん!
IMG_0634pp12129 (13) IMG_0634pp12129 (12)
      “ラムネ”ちゃん!           “ショコラ”ちゃん!


まずはハンドリングです!
IMG_0634pp12129 (1) IMG_0634pp12129.jpg
“人間が意識して触りたいところを触る”ことは簡単なようで、意外と簡単ではありません。

いろいろな体勢で抱っこされながらのハンドリング。
犬が受動的に仰向けにさせられるのに慣れていなければ、それは不安以外の何物でもありません。
不安が募れば、危険性を感じ、そして自分を守るために唸りや攻撃性につながります。

しかし、どのワンちゃんも触られることやいろんな体勢で抱っこされることに対して、とてもよく受け入れてくれていました!



そして今回は、いろんな“地面”も体験してもらいました。
繊細な足裏パッドでたくさんの情報を集める犬にとって、慣れない地面は怖いものです。
少しツルっとした表面のものだったり、凸凹してたり、はたまた材質が変わったも地面を用意。

慣れない地面にはじめは緊張気味でしたが、さすがはパピーたち!
その地面の上にいることが楽しいとわかれば、慣れるのにほとんど時間はいりませんでした(^-^)
IMG_0634pp12129 (3)
人気の青いボード。このボードは当病院トリミングのバスタブでも使っていますので、今これを好きになってくれれば、きっとトリミングでもストレスの少ない楽しい時間が過ごせます。


板の上、少しツルッとしていますが・・・
IMG_0634pp12129 (4)
怖がりもせず。いい感じです♪ 板の上のフードも奪い合ったりせず、ちゃんとシェアしています。


ダンボールのトンネルも用意。
見たこともないトンネルに入ることは不安があれば決してできることではありません。
はじめは不安そうでしたが、勇気をもって経験し、“安全”“楽しい”と自分で認識し、積極的にトンネルに入っていくようになります。
IMG_0634pp12129 (2) IMG_0634pp12129 (6)
自信をつけ行動が変化していく様子は見ていて本当に楽しいです。
嗅覚を使った探索ゲームは犬が本来持っている狩猟本能を刺激、満足させてくれます。

お散歩だけでなくこういった簡単なゲームを取り入れるだけでも、愛犬の生活をより充実させてくれます。



そして子犬同士の遊びでは、猫への社会化も敢行。
猫は病院ではお馴染み、“センチャ”です。
IMG_0634pp12129 (7) IMG_0663pp12129.jpg

リアクションが小さく、とても犬に慣れているセンチャですが、フレッシュな顔ぶれにさすがに緊張していました(^-^;)

IMG_0634pp12129 (5)

ワンちゃんも初めての猫に緊張も見られましたが、無理に遊んだりせず、みんないい距離を保ちながらコミュニケーションができていました。


IMG_0671pp12129.jpg
お互いにコミュニケーションがとれている犬同士が集まった時に見られるドッグソーセージ(←トレーナー榎森辞典より)



どのワンちゃんもお互いのスペースを尊重しながら、上手に距離をとったり、あいさつをしたり、はたまた未体験のことに積極的にチャレンジしたり、素晴らしいパピーパーティーでした。

このパーティーをきっかけに、これからおよそ1ヶ月という短い社会化の時間の中で、愛犬へできるかぎりの経験をポジティブに与えていただけるきっかけになれば幸いです。


パーティーの最後はどのワンちゃんも自信に満ち溢れた目をしていました。


限られた時間を大切に、今後もコミュニケ―ションの一環としてトレーニングを楽しんでいただきたいと思います。


みなさんお忙しい中お集まりいただき大変ありがとうございました!!





メリークリスマス!



ちまたではクリスマスモードですが、病院では毎月恒例のパピーパーティーが行われ、柴犬の“ナツ”ちゃんが参加してくれました。



ちょっぴりシャイなナツちゃん。



フレンドリーにお尻をブリブリさせながら近づいてくれるけど、慣れない環境への緊張がちらほら。




今回のパーティーの目玉は、ゲスト猫“センチャ”の登場です。


“社会化”がテーマのパピーパーティー。


猫への社会化ももちろん重要です。


センチャは病院の猫でこれまで多くの犬と接し、極めてリアクションが薄くマイペースな猫なので、はじめての猫への社会化としてはバッチリです。

CIMG9045pp121225.jpg

いつも通りマイペースなセンチャ。


ナツちゃんは猫と初対面ということもあり、緊張しながらもセンチャとの距離を上手くとっていました。


相手の気持ちを理解し、それを尊重することは、犬同士でも猫相手でも変わらず大切です。


そういった意味でもナツちゃんのセンチャに対するコミュニケーションはよくできていたと思います。


CIMG9046pp12.12.25
コングを使いながら、ハンドリングの練習。


いろんな抱き方や、手を触ったり、人の手に触れられることを慣らしていきます。


痛くもかゆくもないはずですが、足先、手先はやはり敏感で嫌がるナツちゃん。


今回のパーティーでしたことを是非ご自宅でも続けていただき、足先を触られることへの恐怖心を減らしていただきたいと思います。


とっても落ち着いた性格のナツちゃん。


またパピークラス等でお会いできる日を楽しみにしております!


お忙しい中ご参加いただき大変ありがとうございました!!

群馬の秋・冬は晴れの日が多くて、過ごしやすいのですがこの日はあいにくの曇り空。


それでも、室内のパピーパーティーは熱気むんむんで開催です。


ということで、昨日行われたパピーパーティーは3頭のワンちゃんたちが集まってくれました!


初参加で、エアデールテリアの“ラン”ちゃん。
IMG_4100pp1110.jpg
そして、今回2回目となるトイ・プードルの“Lily”ちゃん。


どちらも緊張した様子でしたが、上手く自己紹介ができていました!


IMG_4096pp1110.jpg


そしてもう一頭、参加してくれたのは・・・
IMG_4095pp1110.jpg バーニーズの“ラン”ちゃん。

すごくエネルギッシュなランちゃんなのですが、犬同士の遊びでは隅っこにポツン。


どう遊んでいいのか迷っているようですo(´^`)o


IMG_4097pp1110.jpg

他のワンちゃんも気になるようですが、まだちょっと緊張してます。

ランちゃんはまだ遊べないというメッセージをフセをして他の2頭のワンちゃんに伝えていましたが、ランちゃんもLilyちゃんも、無理に遊びに誘わずちゃんと距離を保っていました。


他の犬が発しているメッセージをしっかり理解し、そのメッセージを尊重してあげることは、積極的に遊ぶことより大切なことです。


そういった意味では今回参加してくれた3頭とも良い意味でのコミュニケーションができていたと感じます。




犬同士のコミュニケーションで大事なことは“スペース”。


自分の感情を表現できるスペースがないと、吠えや無理なコミュニケーションにつながってしまう場合があります。


今回もリードをつないで待っている間は3頭とも吠えがたまに見られていましたが、リードを付けず、フリーに遊ばせていた時の方が吠えていなかったのを感じていただけたと思います。

IMG_4090pp1110.jpg

よく散歩中にリードを引っ張りながら自己紹介する犬を見ますが、かなり心配になります。


リードを引っ張った状態では、犬が表現できるサインが限定されてしまい、ケンカになる可能性が高くなります。


ちょっと心配かもしれませんが、リードを緩めて自己紹介させてみてください。


そのほうが落ち着いたコミュニケーションをとれる場合が多いはずです。


ただ、リードをつないだ状態で待つという練習も、これはこれで大事なことなので、褒め方と褒めるタイミングを是非日常の中で実践していただきたいと思います。


この時期にワンちゃんに大切なことは、とにかく社会化。


人の手、いろんな姿形をした人間、車や機械の音など、出来る限り多くのことをワンちゃんに経験させていただきたいと思います。


この度はお忙しい中お集まりいただき大変ありがとうございました!!












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。