上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月後半になり、暑い日が続いていましたがまさにこの日はパピーパーティー日和!


暑くもなく寒くもなく、こんな素晴らしい日に集まってくれたのは、柴犬の“ ココ ”ちゃんとトイプードルの“ 鈴太朗 ”ちゃんです!




まずは自己紹介。

初めてのコンタクトはお互いに上手くコミュニケ―ションができず、うなったり吠えたりしていましたが、少しずつお互いに理解してきたようです。

CIMG1067pp.jpg


ちょっと冒険のココちゃん。
CIMG1066pp.jpg
            「楽しいことないかな~」



とても丁寧なあいさつですね。
CIMG1068pp.jpg

2頭だけでしたが、その分時間とスペースを十分に使い、良いコミュニケーションが見られました。


初めは威嚇や吠えが目立った2頭でしたが、少しずつお互い発しているサインを理解し合い、どのように挨拶すれば平和にできるのか、ちゃんと考えているのがとてもよくわかりました。


そういう行動の変化が見られるのはトレーナーにとっての大きな喜びです。


ココちゃん、鈴ちゃんに感謝感謝です。




そして本日は2頭ともケージで来ていたので、ケージトレーニングをしました。

CIMG1069pp.jpg

ケージトレーニングといってもケージの中で静かに待っているトレーニングではなくて、今回は単純に“入る”と“出る”に重点をおいた練習です。


これまで2頭ともケージの中に入るのを嫌がったらしいのですが、ケージに入るという冒険はいかに楽しいのか教えてあげると、どちらもスムーズに入ってくれるようになりました!



ケージに入ると

「病院にいく(≒痛い思いをする)」「大好きな家族と一緒にいられない」



などネガティブな考えから自らケージに入ることを拒んでしまいます。



まずは無理やりケージに入れるのではなく、ドアを閉めず、行ったり来たり、ケージを自由に使えるようにしてあげます。



プラスそれを褒めてあげれば積極的にケージに入って、そのうちケージの中でご褒美を待つようになるでしょう。





パーティーの最後にもお伝えしましたが、これからの1,2ヶ月が本当に大切になってきます。


今回行った社会化をヒントに楽しみながら取り組んでいってもらいたいと思います。


またココちゃんと鈴ちゃんに会えるのを楽しみに待ってます!!



トレーナー えもコウ 






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。