上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
群馬の秋・冬は晴れの日が多くて、過ごしやすいのですがこの日はあいにくの曇り空。


それでも、室内のパピーパーティーは熱気むんむんで開催です。


ということで、昨日行われたパピーパーティーは3頭のワンちゃんたちが集まってくれました!


初参加で、エアデールテリアの“ラン”ちゃん。
IMG_4100pp1110.jpg
そして、今回2回目となるトイ・プードルの“Lily”ちゃん。


どちらも緊張した様子でしたが、上手く自己紹介ができていました!


IMG_4096pp1110.jpg


そしてもう一頭、参加してくれたのは・・・
IMG_4095pp1110.jpg バーニーズの“ラン”ちゃん。

すごくエネルギッシュなランちゃんなのですが、犬同士の遊びでは隅っこにポツン。


どう遊んでいいのか迷っているようですo(´^`)o


IMG_4097pp1110.jpg

他のワンちゃんも気になるようですが、まだちょっと緊張してます。

ランちゃんはまだ遊べないというメッセージをフセをして他の2頭のワンちゃんに伝えていましたが、ランちゃんもLilyちゃんも、無理に遊びに誘わずちゃんと距離を保っていました。


他の犬が発しているメッセージをしっかり理解し、そのメッセージを尊重してあげることは、積極的に遊ぶことより大切なことです。


そういった意味では今回参加してくれた3頭とも良い意味でのコミュニケーションができていたと感じます。




犬同士のコミュニケーションで大事なことは“スペース”。


自分の感情を表現できるスペースがないと、吠えや無理なコミュニケーションにつながってしまう場合があります。


今回もリードをつないで待っている間は3頭とも吠えがたまに見られていましたが、リードを付けず、フリーに遊ばせていた時の方が吠えていなかったのを感じていただけたと思います。

IMG_4090pp1110.jpg

よく散歩中にリードを引っ張りながら自己紹介する犬を見ますが、かなり心配になります。


リードを引っ張った状態では、犬が表現できるサインが限定されてしまい、ケンカになる可能性が高くなります。


ちょっと心配かもしれませんが、リードを緩めて自己紹介させてみてください。


そのほうが落ち着いたコミュニケーションをとれる場合が多いはずです。


ただ、リードをつないだ状態で待つという練習も、これはこれで大事なことなので、褒め方と褒めるタイミングを是非日常の中で実践していただきたいと思います。


この時期にワンちゃんに大切なことは、とにかく社会化。


人の手、いろんな姿形をした人間、車や機械の音など、出来る限り多くのことをワンちゃんに経験させていただきたいと思います。


この度はお忙しい中お集まりいただき大変ありがとうございました!!












スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。