上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スウェーデンでの日々はあっという間に過ぎていきました。

キャップとのトレーニングでは、経験に加え新たな発見もあり、かなり充実したものなりました。


Lisaの犬“ ジャック ”と。

       sweden lisa (33)

彼女の犬の中でも、特に優秀な若手のホープ。顔を無理くり擦り付けての「撫でて!」のサインが得意な人懐っこい性格。彼からもたくさん学ぶことができました。



そろそろ次の旅へ出発しなければならないのですが、その前に一つしなければいけないことがありました。

それは、Lisaへの「お箸の使い方」伝授です。

事は遡ることおよそ5年前、私は自身のパートナーとなるボーダー・コリーを得るため、国内外を問わずブリーダーを探していました。

そこで最終的にLisaを紹介してくださったのが、現在でも愛知で活動され、日本では珍しいワーキングボーダー・コリーのブリーディングとトレーニングに情熱を注いでいらっしゃる方でした。

その方とLisaは数年前、“ワールドシープドッグトライアル(世界選手権)”で会い、その時“お箸”をプレゼントしていたのです。

私がスウェーデンでLisaのもとを訪れることになり、「きっとLisaは使っていないと思うから、使い方教えてきて!」と頼まれ、なんとか今回そのミッション成功させることができました。


トレーニングメニューは日本伝統の「球体つかみ」。

sweden lisa (25)

子供のころ両親から厳しく教えられたのを思い出します。Lisaが意外に上手でビックリ。

文化交流には最高のミッションでした(^-^)



そして、キャップとはしばしのお別れとなります。

その前に、体型を記録しておくための写真を一枚。

sweden lisa (35)

以前もブログで紹介しましたが、このトレーニングを始めてからというものキャップの筋肉に変化がでてきました。

この写真からよくわかるのが、「腹筋」。

以前のより胴回りが一回り太くなった感じがします。

またスウェーデンに戻り、キャップに再開したときに体にどういった変化があるのか。それを見るのも楽しみです(^^)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。