上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チェコを後にし、次に向かったのは隣の国“ドイツ”!

ドイツには私がカナダにいた時の友人家族がいるため、彼らのいるドイツ南部“フレイバーグ”を目指しました。

フレイバーグは人口約22万の割と大きな都市で、近くにはあの有名な「黒い森」があり、歴史的な文化遺産と豊かな自然が身近に感じられるとても素敵なところです。

友人宅へお邪魔したとき、出迎えてくれたのは大きな耳が特徴のバセット・ハウンドのルビー。

       IMG_4119フレイバーグ (5)

おっとりした性格の彼女ですが、人に触られるのが大好き。常に後をつけてきます。

       IMG_4119フレイバーグ (7)

家の中でこうしてのんびり暮らしている彼女を見ていると、こっちまでほんのーりしてきます。


さて、街に出てみると何やら水が流れる溝を発見。街のいたるところで見られます。

       IMG_4119フレイバーグ (1)

これ、実は犬がいつでも水浴びや飲めるようにする狙いがある、と友人は言っていました。

それがこの溝を作った本当の理由かどうか定かではありませんが、世界でも環境に優しいエコシティとして注目を浴びるフレイバーグ。水路があることで町全体が夏はきっと涼しく感じられることでしょう。恐らく犬だけでなく、そこに暮らすすべての動物たちが自然と調和した暮らしをしているのだとこの水路を通して感じることができます。



ドイツと言えば、やはりソーセージ!!

地元のホットドッグショップにはたくさんの人だかりが!

             IMG_4119フレイバーグ (2)

友人曰く、ホットドッグの屋台はたくさんあるが、やはり好みの味や、味に良し悪しがあると言います。今回はその友人お勧めの屋台に連れて行ってもらいました。

犬も列に並び、ホットドッグの順番を待ちます。

IMG_4119フレイバーグ (3)

海外の人は、日本人のように並んでまで食事をとることを理解できないと言いますが、やっぱり美味しいもののためなら待てるんですよね~

        IMG_4119フレイバーグ (4)

ホットドッグと犬たち。ドイツって感じです。日本なら「おにぎりと犬」でしょうか(^―^)

IMG_4119フレイバーグ (8)

2年前、家族と一緒にカナダからここドイツに海を越えてやってきたルビー。長いフライトでしたが、友人と知り合ったカナダの田舎とどこか似たような、自然がいっぱいのフレイバーグは彼女にとってきっと快適な環境でしょう。

5年前知り合ったカナダの友人と、今度はドイツで会うことができた。これほど嬉しいことはありません。家族みんなが温かく接してくれて、本当に家族ような時間を過ごしました。

お別れが本当に悲しい。ウルルン滞在記の感覚です。

ドイツ、フレイバーグでした!



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。